素朴な疑問

アクセスカウンタ

zoom RSS 貧困女子と劣化左翼のヤラセ擁護

<<   作成日時 : 2016/08/21 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKが放送した貧困問題についてのドキュメンタリー番組に
出演していた「うらら」という女子高生が、実は貧困ではなかった
ということがインターネットで指摘されている。

貧困を演じた女子高生と番組を作成したNHKが非難されている
わけだが、いつものとおり劣化左翼が筋違いの理論を展開している。

* * *

貧しい女子高生のささやかな贅沢を叩くな

貧困の人は、こうであるべきって何で決めるのか。
貧困世帯は「高いペンを使ってはいけない」「Twitterしてはいけない」
「スマホ持つな」「コンビニ弁当を食べてはいけない」
「外食してはいけない」「遊んではいけない」ってバカか。
貧困世帯だって人間だぞ。


* * *

自らの裁量で娯楽に沢山のお金を使うことができるなら、
それは「社会が救済すべき人」には該当しないでしょ。


ネット民が指摘しているのはそういうこと。

貧困というのは「税金を使って助けてあげる」とか、
社会のしくみを変更して「そういう人が少なくなるようにする」
ということが求められる「社会問題」を意味する言葉だ。

本当の左翼なら、こう言うんじゃない。

「NHKの番組作成者と出演した『うらら』は、偽りの貧困を
放送したことによって、『実際には貧困はない』『貧困問題への
取り組みは不要』という間違った世論を導いている。」

劣化左翼はなんでヤラセを擁護しちゃうんだろうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貧困女子と劣化左翼のヤラセ擁護 素朴な疑問/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる