素朴な疑問

アクセスカウンタ

zoom RSS 加計学園問題は言いがかりなんじゃないの?

<<   作成日時 : 2017/07/30 12:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

総理のお友達が特区制度を利用して利益を得たのではないか?

そんなつまらないことで国会がまともな議論をしていない
ように見える。

もう少しまともなテーマで議論できないのだろうか?

@ 文科省の獣医学部に対する許認可は妥当であったのか?

獣医師の需要に対して獣医学部の新設で対応しようとする
学校側に対して、文部科学省がおかしな判断で不許可に
してきたという事実はないのか?

それがあったのなら、先に文部科学省を非難すべきである。

A 獣医学部新設は特区で対応するのが妥当なのか?

特定の区域だけに一般と異なるルールを適用するわけだが、
そのルールによって就学して獣医師になった者は何処で
働いても良いわけで、影響は区域内に限定されない。

B 獣医師を増やすという国家としての方針は妥当か?

文部科学省は獣医師を増やさない方針だったわけで、担当
する省庁の方針と国家の方針が一致していないことが最大
の問題である。

C 国家戦略特区という制度はこれでいいのか?

内閣府に設置される国家戦略特別区域諮問会議で強力に
推進するしくみで、内閣総理大臣がやりたいようにできる。
国家戦略特別区域法に基づいているので、違法ではない。

D 加計学園が選ばれたことは妥当ではないのか?

総理のお友達ではなかったら選ばれないような学校なのか?
そんなことに関係なく選ばれる学校だと考える。

以上、総合的に見ると

内閣総理大臣杯を開催したら、総理のお友達が優勝した。
総理を嫌いな人間が「2人の間で不正があったに違いない」
と言い出した。総理を嫌いな野党とマスコミが煽った。

ということでしょ。はっきり言ってどうでもいい。

本当に問題なのは「省庁の方針と国家の方針が一致して
いないこと」であり、正攻法ではなく特区という「抜け道」
を利用しないとこの問題を解決できないということ。

本来、内閣が獣医師を増やすべきと考え、文部科学省が
獣医師を増やすべきでないと考えるなら、どちらが正しい
かは国会で結論を出すべきだろう。増やすべきと決定すれば
加計学園であろうが京都産業大学であろうが、特区とか
関係なしに申請が受理されるはずである。これが正攻法だ。

正攻法が効かないほど日本の行政が病んでいるのなら、
それこそがマスコミが報道すべき内容なのではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自分のブログ記事にコメントする。

参議院インターネット審議中継というものがあり、
誰でも動画を参照できることを知った。そして
7月10日の審議で青山繁晴議員の前川喜平氏と
加戸守行氏に対する質問と2人の回答を見た。

毎回、言い訳・ごまかし・すり替えの回答をする
前川氏と魂の叫びを語る加戸氏の回答を聞いて、
「何だ、すべて明らかになっていたんじゃないか」
と思った。

更にいろいろ調べると、獣医師の増加を嫌ったのは
日本獣医師会ということ、日本獣医師会のために
国益を無視して新設のハードルを高めたのは石破茂
ということ(石破4条件)も分かった。

更にマスメディアが行っていることは真相の追究
ではなく「倒閣運動」にすぎないことも良く分かった。
樫水咲人
2017/07/30 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
加計学園問題は言いがかりなんじゃないの? 素朴な疑問/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる