戦後70年、戦争を歴史にしたい

新聞などでは「戦後70年の節目」といった表記が
多く見かけられる今日このごろ。

しかし、100年や50年に比べると70年は
かなり中途半端だ。10の倍数でしかない。

何がどう「節目」なのだろう?



人間の寿命を考えると、戦争当時に政治に参加できた
人々のほとんどが亡くなるくらいの歳月になる。

言い方を変えれば、今生きている人のほとんどは
「戦後生まれ」か「当時子供だった人」ということだ。


そう考えると、そろそろ「あの戦争」を歴史として
考えることができるような気がする。

「歴史として考える」とは、江戸時代の出来事と同じ
ように現在と分離して扱えるということだ。

「恨み」や「憎しみ」といった感情を持ち込まず、
あるいは「罪の意識」で卑屈になることなく、冷静
に事実を把握することが出来るのではないだろうか?




少なくとも「戦後生まれ」は、

 自分が犯罪者扱いされること

 自分が謝罪を要求されること

 在日コリアンの意味不明の言い分

について「いい加減にしてくれ!」と言いたいのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック