投票すれば民主主義?

大阪の「特別区設置住民投票」について
市長は民主主義を高らかに主張していましたが・・・


民主主義というのは

 十分に話し合った後、多数決で決める

というものです。


市民全員で話し合うことは不可能なので、
最初に話し合う人(市議会議員)を決めます。

市議会議員が市民の代わりに十分に話し合い、
その後、多数決で決めるわけです。


特別区設置について考えてみると、

 市長が提案→議会が否決→住民投票

という流れなわけですが、住民投票を望んだのは
市民ではなく市長でした。


何か変ではないですか?


話し合った人の多数決の結果よりも
話し合えない人の多数決の結果を尊重する。


話し合わない多数決でも民主主義なんですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック