どちらが酷い言葉ですか?

週刊誌の「韓国なんて要らない」という
タイトルの記事が話題になっています。

これって酷いですか?


「韓国は日本を1000年恨む」

これは朴槿恵大統領時代に言われた
キャッチフレーズです。

「一度の合意で、過去の問題を
終わらせることはできない」

文大統領はこう言いました。


この意味が分かりますか?


戦争が終わって200年経ち、
戦争経験者がひとりもいなくなっても
韓国人は日本人を恨み、
「謝れ。そして金を払え。」と言う。

隣国の大統領はそう言っています。


日本人は「それなら、一切お付き合いを
したくない。」と言っているだけです。


世界中に尋ねてみてください。

どちらの気持ちを理解できるか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月03日 09:15
「韓国なんていらない」その通りです。
日本には日本を貶める人たちが実に多い。