文春砲で論理破綻のパヨク

「検察人事への政治介入をしてはならない」

検察庁法改正案についてパヨクが主張した
内容がこれである。

文春砲で賭けマージャンが発覚した後の
パヨクの主張がこれである。

「3年前から賭けマージャンをやっていた
黒川氏を2019年1月に検事長にした安倍内閣
には責任がある」

パヨクの主張は

内閣は検察幹部候補の身辺調査を行い、賭け
マージャン等、幹部にふさわしくない素行の
人物を任命することがないようにしなければ
ならない。

ということになる。

この行為は「検察人事への介入」に該当しない
のであろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント